ニートゥエルボーで理想のくびれに!お腹周りの脂肪を燃焼させながら腹斜筋を鍛えるやり方まとめ

腹筋ドットコムを運営しているまさです。

この記事では、ニートゥエルボーについて解説します。

ニートゥエルボーは、腹斜筋群を効率よく鍛えることができるトレーニング方法です。

また、お腹周りの脂肪を燃焼される効果も期待できます。

  • ニートゥエルボーの意味
  • ニートゥエルボーで鍛えることができる腹筋
  • ニートゥエルボーのやり方と注意点
  • ニートゥエルボーのポイント・コツ

などについて、この記事で詳しく解説していきます。

ニートゥエルボーの意味

ニートゥエルボーとは、

  • knee(膝)
  • to(→)
  • elbow(肘)

という意味になります。

言葉通り、腹斜筋群を意識しながらお腹をねじり、膝と肘をくっつけることによって、腹斜筋群を効率よく鍛えることができるトレーニング方法です

ニートゥエルボーで鍛えることができる腹筋

ニートゥエルボーで鍛えることができる腹筋はこちら。

  1. 腹斜筋(外腹斜筋)
  2. 腹斜筋(内腹斜筋)
  3. 腸腰筋

ニートゥエルボーは、上でも書いた通りお腹周りの脂肪を燃焼させながら腹斜筋群を効率よく鍛えることができます。

これらの筋肉については下記ページで詳しく解説しているので、合わせて読んでもらえると嬉しいです。

スッキリした横腹に!外腹斜筋の鍛え方やストレッチ方法などまとめ 内腹斜筋を鍛えてキレイな脇腹を手に入れる!筋トレ方法やストレッチ方法などを紹介 腸腰筋は目に見えない腹筋でも大切。鍛え方やストレッチ方法などを詳しく解説

ニートゥエルボーのやり方と注意点

それでは、ニートゥエルボーのやり方を詳しく解説します。

ニートゥエルボーの正しい姿勢・動作は、パックンが見本を見せてくれますので是非参考にしてください。

パックン
どうぞよろしく!
STEP.1
ニートゥエルボーの手順1

手を方の真下に置いて、四つん這いの姿勢になります。

STEP.2
ニートゥエルボーの手順2

右手と左足を、地面と平行になるように持ち上げます。顔はまっすぐ前を向きます。

STEP.3
ニートゥエルボーの手順3

床についている左手と右足は動かさずに、右肘と左膝を近づけてくっつけます。

この時、体全体を丸め込む意識を持ちながら、顔を下に向けます。

左膝が床につかないよう気を付けてください。

MEMO
反動をつけずに、息を吐きながらゆっくりと行うこと。
STEP.4
ニートゥエルボーの手順4

ゆっくりともとの位置に戻していきます。

MEMO
戻す時も勢いをつけずに、今度は息を吸いながらゆっくりと行うこと。
完了
ニートゥエルボー終わり

ニートゥエルボーの正しい姿勢・動作は以上です。

腹斜筋に効いていることを意識しながら、正しい姿勢・動作で行ってください。

動作の目安は、10回×3セットです。

終わったら、逆の肘と膝でも行いましょう。

その他の腹筋トレーニングを行う上で大切なポイントや心構えなどについては、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてもらえると嬉しいです。

腹筋を鍛える前に理解しておくべき全メニュー共通の注意事項・ポイント・心構えなどまとめ

ニートゥエルボーのポイント・コツ

お腹周りの脂肪を落としたい、腹斜筋を効率よく鍛えたい

という方にとって、ニートゥエルボーは両方を叶えてくれるトレーニングメニューなのでおすすめです。

片膝と片手で体重を支えた上で、バランスを取りながら動作する必要があるため、最初はぐらついて不安定になりますが、慣れてくればバランスを保ちながら行うことができるようになります。

個人的な感想ですが、プランク系のトレーニングよりもバランスは取りやすいと感じているので、腹斜筋を鍛える最初の段階で取り入れるにはちょうどよいかと思います。

それでも、もしうまくニートゥエルボーができないという方は、まずは難易度がそれほど高くないツイストシットアップやツイストクランチで腹斜筋をある程度強化してから、再度トライしてみてください!

シットアップの正しいやり方や効果、ポイントなどを徹底解説 クランチで腹筋を鍛える正しいやり方まとめ。効果なども徹底解説

ニートゥエルボーのコツは、肘を膝に近づけるのではなく、膝を肘のほうに近づける意識で行うことです。

肘を膝に近づける意識で行ってしまうと、体全体が斜めになってしまい、バランスを保つのが難しくなってしまいます。

また、動作を行う上で顔の向きにも注意してください。

右手と左足を地面と平行になるように持ち上げる時はまっすぐ前を向き、右肘と左膝をくっつける時は、下を向くようにしてください。

そしてもう一つ、右肘と左膝をくっつける時、腹斜筋への刺激を意識的に感じながら、体全体が丸まっているイメージをしっかり持ってください。

腹筋トレーニング全般に言えることですが、意識一つで得られる効果が変わってきます。

最後に、肘とくっつけるほうの膝は、床につかないように浮かせてください。床に膝がついてしまうと、負荷が逃げてしまい休憩地点をつくってしまうので注意が必要です。

まとめ

ニートゥエルボーは、腹斜筋群を意識しながらお腹をねじり、膝と肘をくっつけることによって、腹斜筋群を効率よく鍛えることができるトレーニング方法です

間違ったやり方をしてしまうと十分な効果を得ることができなくなってしまうので気を付けてください!

この記事で紹介したニートゥエルボーのポイントをしっかりと把握した上で、正しい姿勢で動作することを心掛けてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA