腹筋は毎日やったほうがいいの?正しい知識を身につけよう!

腹筋ドットコムを運営しているまさです。

腹筋を鍛え始めてると、こんな疑問が沸き起こってきます。

腹筋は毎日やってもいいの?

っていうか、毎日やったほうがいいの?

少し感覚を空けたほうがいいの?

先に結論からお伝えすると、腹筋は「条件付き」で毎日やってもOKです。

毎日やらなければいけないわけではありませんが、毎日できるならやっても大丈夫です。

ただし、ケースバイケースで考えたほうがよいです。

腹筋を鍛える頻度については諸説あり、様々な考え方がありますので、ぜひこの記事の内容を参考にしてもらえると嬉しいです!

腹筋は毎日鍛えるべきかどうか

腹筋は、必ずしも毎日鍛えるべきというわけではありません。

冒頭でも紹介した通り、毎日できるならやっても大丈夫という意味です。

腹筋の鍛える頻度については、おおよそこちらの2つの方法があります。

  • 腹筋を毎日鍛える
    →1週間単位で、鍛える部位ごとに日にちを分ける鍛え方
  • 腹筋を毎日鍛えない
    →超回復のサイクルに合わせて、1~2日おきに行う鍛え方

この2つについて、少し掘り下げて見ていきましょう。

腹筋の各部位(パーツ)毎に日にちを分ける

腹筋には、

  • 腹直筋
  • 腹斜筋群(外腹斜筋、内腹斜筋)
  • 腸腰筋
  • 腹横筋

というように、様々な部位(パーツ)があります。

これらの部位ごとに日にちを分けることで、理論的には毎日腹筋を鍛えることができます。

例えばですが、

  • 月曜日・木曜日
    →腹直筋・腸腰筋を中心に鍛える
  • 火曜日・金曜日
    →腹斜筋群を中心に鍛える
  • 水曜日・土曜日
    →腹横筋を中心に鍛える
  • 日曜日
    →全体的に鍛える or 有酸素運動( or OFF)

といった感じで、1週間単位でスケジュールを組んで効率よく毎日腹筋を鍛えることもできるかと思います。

腹筋の各部位に関しては、こちらの記事を合わせて読んでみてください。

腹直筋ってなに?上部・下部に効く腹直筋の鍛え方、筋トレ方法、ストレッチ方法などまとめ スッキリした横腹に!外腹斜筋の鍛え方やストレッチ方法などまとめ 内腹斜筋を鍛えてキレイな脇腹を手に入れる!筋トレ方法やストレッチ方法などを紹介 腹横筋は腹筋のインナーマッスル。腹横筋の鍛え方、筋トレ方法、ストレッチ方法などまとめ 腸腰筋は目に見えない腹筋でも大切。鍛え方やストレッチ方法などを詳しく解説

腹筋の超回復のサイクルに合わせる

超回復。

筋トレをやったことがある方であれば、何度か耳にしたことがあるかもしれません。

超回復とは、筋トレ→筋肉痛→回復というサイクルの中で、筋組織が傷ついた後に強化された状態まで回復することを言います。

筋トレすることによって筋組織が傷つきます。

パックン
筋組織が傷つく=筋肉痛が起こるということなんだ。

筋トレによって傷ついた筋組織は、しっかりとした休息をとることによって48~72時間(2~3日)というサイクルで徐々に回復していき、傷つく前よりもさらに強化された状態になります。

簡単に言ってしまえば、

もともとよりも強化された状態になる=超回復

ということですね。

ちなみに、腹筋の超回復については24~48時間(1~2日)となり、他の筋肉の超回復サイクルよりも若干早めです。

さらに、しっかりとしたストレッチや適切な栄養補給、休息などにより、さらに超回復の期間を短縮することも可能なため、1日おきに腹筋トレーニングを行うのがいいです。

場合によってはですが、筋肉痛が少なくなってきたら1日おきではなく毎日腹筋を鍛えることもできます。

上級者になれば、上で説明したように部位を分けずに、まんべんなく毎日腹筋を鍛えることもできるようになります。

あなたは毎日派?それとも隔日派?

この記事を読んでくれているあなたは、腹筋を鍛えるなら毎日派でしょうか?それとも隔日派でしょうか?

やりやすさや好みもあるのでどちらを選んでも間違いではありませんが、どちらの方法で腹筋を鍛えるべきかどうか迷ったら、ぜひ参考にしてほしい考え方があります。

具体的には、筋肉痛があるかどうかで判断する考え方です。

腹筋を毎日鍛えるかどうか
  1. 腹筋を鍛え始めたばかり
    →筋肉痛が激しいなら、超回復のサイクルに合わせて鍛える
  2. ある程度腹筋を鍛えた状態
    →筋肉痛が少ないなら、部位ごとに日にちを分けて毎日鍛える
  3. かなり腹筋が仕上がっている状態
    →筋肉痛がほとんどないなら、ほぼ毎日まんべんなく鍛える

腹筋を毎日やるかどうかは、ステップアップ方式で考えよう

腹筋を鍛え始めたばかりは毎日やらない

腹筋を鍛え始めたばかりの場合は、どうしても筋肉痛になります。

部位ごとに日にちを分けているとはいえ、腹直筋の筋肉痛が激しい時に腹斜筋のみを鍛えるのは結構難しい、というより筋肉痛が痛くてできません。

筋肉痛に耐えながら毎日腹筋を鍛えてもしっかりと回数を重ねることができませんし、回数を重ねることに集中しすぎて動作がおろそかになる恐れもあります。

よって、腹筋を鍛え始めたばかりであれば、毎日腹筋をやらずに超回復のサイクルに合わせてゆっくり時間をかけながら鍛えていくのがベターです。

ある程度腹筋が鍛えられたら毎日やる

ある程度鍛えられて、筋肉痛が少なくなったら、部位ごとに日にちを分けて毎日腹筋を鍛えるのが望ましいです。

よって、腹筋がある程度強化されてきたら、筋肉痛になることも少なくなってくるので、部位ごとに日にちを分けて毎日腹筋を鍛えていくのがいいでしょう。

腹筋に自信があるなら毎日まんべんなく鍛えよう

さあどうだ!みんなおれの腹筋を見てくれ!

レベルで自分の腹筋に自信がある方は、もうほとんど筋肉痛がない状態かと思います。

そのレベルまで達したら、毎日まんべんなく腹筋を鍛えても問題ないでしょう。

ただし、無理は禁物です。

いくら腹筋に自信があっても、たまには休筋日を作ってしっかり休ませてあげてください。

次の日から、きっと腹筋が鍛えられたくてうずうずしてくるでしょう笑

まとめ

いかがでしたでしょうか。

腹筋を毎日鍛えたほうがいいかどうかについては、様々な考え方があります。

基本的には毎日鍛えてもOKですが、ケースバイケースで判断するのが賢いのではないでしょうか。

大切なポイントなので、おさらいも兼ねてもう一度整理すると、、

毎日腹筋をやるかどうかは、筋肉痛があるかどうかで判断しよう。

腹筋を毎日鍛えるかどうか
  1. 腹筋を鍛え始めたばかり
    →筋肉痛が激しいなら、超回復のサイクルに合わせて鍛える
  2. ある程度腹筋を鍛えた状態
    →筋肉痛が少ないなら、部位ごとに日にちを分けて毎日鍛える
  3. かなり腹筋が仕上がっている状態
    →筋肉痛がほとんどないなら、ほぼ毎日まんべんなく鍛える

このように段階ごとに鍛える頻度を変えていき、ステップアップしていくことで効率よく腹筋を鍛えることができるようになります。

ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA